crvとヴェゼルの比較

新型

CR-Vとヴェゼルを比較!ホンダで選ぶならどっち?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

結果的に、下取り価格が吊り上がります

ヴォクシー査定はこちら

ホンダには、日本でのSUVの火付け役となったヴェゼルと、世界で先行販売されて高評価を得た後、日本で復活を果たした新型CR-Vがあります。

2台とも同じSUVというジャンルに属しているので、ホンダのSUVを探している方の中には、「2台もあるの」と思った方も多いのではないでしょうか。

実は、この2車種は兄弟車とも呼べるほどよく似た車ですが、細かく見ていくと、その性能は大きく違っています。

そこで、「新型CR-Vがヴェセルより優れている点」と、反対に「ヴェゼルが新型CR-Vより優れている点」についてまとめました。

この比較によって、新型CR-Vとヴェゼルの特徴が分かってきますよ。

<スポンサードリンク>

新型CR-Vがヴェゼルより優れている点

新型CR-Vとヴェゼルの比較引用:https://www.honda.co.jp/新型CR-V/webcatalog/styling/design/

インテリア

インテリアに関しては、新型CR-Vのラグジュアリーな内装はヴェゼルよりも優れているといえるでしょう。

例えば、新型CR-Vは、グレードにより本皮シートが標準装備されているのに対し、ヴェゼルの本革シートは、メーカーオプションとなります。

ヴェゼルの内装も、オプションの組み合わせ次第で高級感を出すことも可能ですが、新型CR-Vのようなエレガントな高級感というより、カジュアルでスポーティーなイメージがあります。

居住空間

新型CR-Vとヴェゼルの居住性比較引用:https://www.honda.co.jp/新型CR-V/webcatalog/interior/cabin/

新型CR-Vには、3列シートが用意されています。

モデルによりますが、いざとなれば、7人乗せることができます。

一方のヴェゼルには、3列シートの設定がありません。

設定がないので、3列シートを希望している方は、必然的にCR-Vを選ぶことになります。

サイズとしては、新型CR-Vの室内寸法は、3列シートでは長さが2530mmもあります。

ヴェゼルの長さは、1930mmなので、CR-Vの方がかなり長いことがわかります。

室内幅に関しても、新型CR-Vが1520mmとなっています。

ヴェゼルは、1485mmですので、CR-Vの方が室内幅があります。

CR-Vの方が広いということは、車内でゆったりと過ごすことができます。

安全性能「ホンダセンシング」

新型CR-Vがヴィゼルに勝る安全性能引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/active-safety/

ホンダセンシングは、「誰もが事故にあわない社会の実現」をスローガンに、ミリ波レーダーと単眼カメラを使い、ブレーキとステアリング制御と協調して、安全で快適な運転を実現させるシステムです。

新型CR-Vには、このホンダセンシングの装備が全部で9種類用意されていますが、ヴェゼルでは、グレードによっては8種類用意されています。

新型CR-Vにあって、ヴィゼルにない機能は、「オートハイビーム機能」です。

この機能は、夜間に街灯のない暗い道を走行している時に、単眼カメラが検知すると、自動でハイビームに切り替えてくれる機能です。

もちろん、前走車や対向車を検知すると、自動でロービームに切り替えてくれるという便利な機能です。

この機能は、想像以上に便利なのは、操作性だけではありません。

走行中のライトの切り替えについて勘違いをされている方も多いですが、道路交通法では夜間の走行では走行用前照灯(ハイビーム)で走ることが基本とされているんです。

もし、走行中にハイビームで走行しなければ、道路交通法違反となり5万円以下の罰金となります。

しかし、前走車や対向車がいる時にライトをすれ違い灯(ロービーム)に切り替えないと5万円以下の罰金となります。

つまり夜間の走行は、ライトの切り替えを頻繁に行いながら走行するのが道路交通法では基本となりますから、この機能を自動で行える新型CR-Vはかなり便利な車と言えるでしょう。

走行性能(最高出力)

新型CR-Vとヴィセルの走行性能比較引用:https://www.honda.co.jp/新型CR-V/webcatalog/performance/driving/

走行性能における一番の違いは、パワートレーンでしょう。

新型CR-Vとヴェゼルの両方の車種に、ガソリンエンジンとハイブリッドモデルが用意されています。

しかし、パワーは、CR-Vが勝っています。

ヴェゼルのガソリンエンジンは、ターボ無しのエンジンになっています。

その最高出力が131㎰です。

これに対して、新型CR-Vの最高出力は190psです。

走行性能(パワーウエイトレシオ)

新型CR-Vは、ヴェゼルより車重があるので、パワーがあるのは当たり前といえますよね。

しかし、パワーウェイトレシオを比べるとその動力性能の差がはっきりとわかります。

新型CR-Vの一番重いモデルは、1680kgです。

このパワーウエイトレシオは、約8.8kg/馬力となります。

ヴェゼルの一番重いモデルは、1270kgです。

このパワーウエイトレシオは、約9.7kg/馬力となります。

この比較によって、新型CR-Vは、ヴェゼルよりも加速性能は優れていることが分かります。

走行性能(ハイブリッドモデル)

ハイブリッドモデルを比較した場合でも、新型CR-Vの走行性能が際立っています。

この2車種は、モーター自体の出力の差が大きくでています。

新型CR-Vは、モーター単体で184PS、トルクは315N・mです。

一方のヴェゼルは、モーター出力が29.5PS、トルクは160N・mとなっています。

<スポンサードリンク>

ヴェゼルが新型CR-Vより優れている点

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

価格

ヴェゼルが新型CR-Vよりメリットがあるのは、価格です。

価格差は、グレードにもよりますが、100万円程度変わってきます。

コスト優先のかたには、かなり大きなポイントです。

<スポンサードリンク>

燃費性能

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/ecology/

ガソリンエンジンの燃費性能を比べてみると、ヴェゼルが新型CR-Vよりも優れています。

例えば、ヴェゼルの一番良い車種はFFで、JC08モードで21.2km/Lです。

一番悪い4WDモデルでも、19.6km/Lです。

それに対して、新型CR-Vの一番燃費の良いモデルもFFで、15.8km/Lです。

一番悪いのは、同じく4WDですが、14.6km/Lとなります。

燃費がいいモデルと悪いモデルのどちらに関しても、ベゼルのほうが燃費が良いことがわかります。

また、ハイヴリッドモデルでも、ヴェゼルの方がCR-Vよりも燃費がいいんです。

例えば、ヴェゼルの一番燃費の良いモデルだとIC08モードで、27km/Lとなっています。

一方の新型CR-Vは、25.8km/Lと、ヴェゼルの燃費性能には及びません。

この差は車重が大きく関係しており、車重の軽いヴェゼルのほうが、燃費性能で全てのグレードにおいて1歩リードしています。

取り回しのしやすさ

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

取り回しがしやすいのは、ヴェセルです。

狭い道を走るときや、狭い駐車場での車庫入れの場合は、取り回しがしやすいヴェゼルが便利です。

ヴェゼルの車幅は1770mmで、新型CR-Vの1855mmよりだいぶコンパクトです。

また、最小回転半径に関して比較してみると、ヴェゼル(RSグレードを除く)5.3mに対して、新型CR-Vは、5.5mとなっています。

新型CR-Vとヴェゼルの比較まとめ

新型CR-Vとヴェゼルを比較してきましたが、それぞれに特徴がありました。

インテリアやエンジン性能や安全性では、新型CR-Vが優れていました。

反対に、車両価格、燃費性能や取り回しのしやすさは、ヴェゼルです。

高速道路や山道を余裕の安定した走りをしたい方には、新型CR-Vがおすすめです。

もちろん、車内の広さや、快適性を重視したい方も新型CR-Vのほうが良いといえます。

燃費性能を求めて、日常的に使うのであればヴェゼルがおすすめです。

本体価格も安いですし、狭い道でも便利なのは、ヴェゼルです。

操縦性能に関しては、足回りがほぼ同じなので、その違いはほとんどないといえます。

ただし、ホイールベースがヴェゼルのほうが50mm短いので、コーナリング性能は新型CR-Vより高く、直進安定性に関しては新型CR-Vのほうが良いといえます。

新型CR-Vとヴェゼルで迷った場合は、比較結果を参考にして頂いて、ライフスタイルに合ったほうの車種を選ぶことがおすすめです。

新型CR-Vを「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型CR-Vは…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

ヴォクシー査定はこちら

ピックアップ記事

  1. CR-Vハイブリッドでエコカー減税と自働車税がお得に?
  2. CR-V(ホンダ)のハイブリッドとガソリンを比較!どっちがおすすめ?
  3. CR-V新型(ホンダ)の日本発売時期は?フルモデルチェンジでここが変わった!
  4. CR-V(ホンダ)新型の人気色・ボディカラーとは!2018最新版
  5. CR-V(ホンダ)とCX-8(マツダ)を比較!どっちがおすすめ?

関連記事

  1. 新型CR-Vのオプション

    新型

    CR-V(ホンダ)新型のオプションは?最低これだけは!

    新車で車を購入する時に、標準装備の他にオプション装備というものがありま…

  2. 新型CRV内装

    新型

    CR-V新型の内装を調査!こだわりのポイントとは?

    2016年に一度販売終了になったCR-Vが8月30日に待望の復活!!…

  3. 新型CR-V海外モデル

    新型

    CR-Vの海外モデルとは!日本未発売ラインナップとは?

    多くの日本車は、海外に輸出販売されています。ほとんどの日本車は、海…

  4. 新型CRV評価評判

    新型

    CR-V(ホンダ)新型の口コミ情報!評価・評判はいいの?

    新型CR-Vは、海外で先行販売されて各国のカーオブザイヤーに輝くなど、…

  5. 新型CR-V荷台比較

    新型

    CR-V新型の荷室を調査!ライバル車と比較して分かった事とは?

    日本復活を果たした5代目となる新型CR-Vは、その大きさから日本ではミ…

  6. ホンダ新型CRV日本

    新型

    CR-V新型(ホンダ)の日本発売時期は?フルモデルチェンジでここが変わった!

    欧米やアジアでは、1年以上前から新型CR-Vが販売されています。新…

スポンサードリンク



最近の記事

  1. 新型CR-V海外モデル
  2. crvとヴェゼルの比較
  3. 新型CR-V荷台比較
  4. 新型CR-Vの7人乗り5人乗りの比較
  5. 新型CRV評価評判

ピックアップ記事

  1. crv比較
  2. 新型CRVのカラー
  3. 新型CR-Vハイブリッドエコカー
  4. 新型CR-Vハイブリッド
  5. ホンダ新型CRV日本
  1. 新型CRVのカラー

    新型

    CR-V(ホンダ)新型の人気色・ボディカラーとは!2018最新版
  2. 新型CR-Vに試乗した感想

    新型

    CR-V新型に試乗!実際に乗ってわかった感想とは?
  3. 新型CR-Vの7人乗り5人乗りの比較

    新型

    CR-V新型は7人乗り?5人乗りとの違いを徹底調査
  4. cvrとエクストレイル比較

    比較

    CR-V(ホンダ)とエクストレイル(日産)を比較!どっちがおすすめ?
  5. crvとヴェゼルの比較

    新型

    CR-Vとヴェゼルを比較!ホンダで選ぶならどっち?
PAGE TOP